ハルのひきこもり日和

30代ひきこもりのこじらせた生活を気が向いた時だけ書くブログです。

ひきこもりと電車と音楽。

絶賛ネガティブキャンペーン中のハルです。
落ちてます、メンタル…

あれから、私は家にじっとしていられなくて、訳もなく動き回っています。
動き回っていると言っても、あんまりお金もないので、各駅の電車を乗り継いで、ただひたすら遠くへ行って帰ってくるだけなのですが…
帰ってくるときに、最寄り駅の手前の駅で一旦改札を出て、また改札を入ってくれば、電車代も最小限にすみます。
朝夕の通勤ラッシュを除けば、お昼頃のまったりとした電車に乗るのは楽しいです。
イヤホンで音楽を聴きながら、目を閉じて、電車に揺られているとなんだか癒されます。
今、ヘビロテしてる曲は、BUMP OF CHICKENの『GO』です。歌詞が泣ける。

すっかり暗くなり、音楽を止めて、呆然と窓に映る自分の姿を見ていると、近くにいた小さい女の子が母親と楽しそうに窓の外を見ていました。
「ママ、見て」
女の子は窓の外を指差して言いました。

「キラキラしたものがいっぱいあるよ!」

街灯や車のライトのことだと思いますが、それを聞いて、とても不思議な気持ちになりました。
私は暗闇の窓に映る自分しか見えてなかったのに、あの女の子には窓の外のキラキラとした世界が見えているんだ、と。
私はしばらく親子を眺めていました。

家に着くと、私はまともに立っていられないほどの眠気に襲われて、夕食も軽くすませて、10時前に布団に入りました。
その日は、久しぶりにちゃんと眠ることができました。

明日は、晴れてるといいな…(* ̄ー ̄)